2020.06.02

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違いとは?

線引きがあいまいなオフィスカジュアル・ビジネスカジュアル

女性だけでなく男性の服装に関しても寛容な企業が増え、ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルで出勤できるオフィスも少なくありません。

ところが、「オフィスカジュアルでの勤務が可能」「ビジネスカジュアルで出勤できます」とあっても、どうもピンとこないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オフィスカジュアルとビジネスカジュアルはどのような装いで、どのように使い分けるべきかをご紹介します。

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違いをチェック

そもそも、オフィスカジュアルとビジネスカジュアルが、それぞれ微妙に異なるものを指しているのをご存知でしょうか。

まずは、オフィスカジュアルとビジネスカジュアルとは何かを確認していきましょう

オフィスカジュアルとは?

オフィスカジュアルとは、仕事をするうえで最低限の礼儀をふまえた職場での服装のことを指します。人事や事務職など、原則として営業など外回りをせず自社内で仕事をする方に適している服装です。

例えば、襟の付いたトップス に、もっとも短くてもくるぶしぐらいまでレングスのあるスポーティーなボトムス を合わせ、カーディガンやジャケット を羽織るスタイルが挙げられます。

ビジネスカジュアルとは?

他方のビジネスカジュアルとは、他企業を訪問しても失礼にならない最低限の服装のことです。スーツほどかっちりはしていないけれど、お客様を対応するのにふさわしいスタイルです。

襟付きシャツ にジャケット をONし、ダークカラーのチノパンやスポーティーなスラックス 、足元は革靴というスタイルが主流です。ニットタイ もおすすめです。

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの使い分け

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの使い分け

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルは、社風や所属している部署、社内での自身の立ち位置によって使い分けるのが適切です。

オフィスカジュアル、ビジネスカジュアルどちらもOKとしている企業でも、OK/NGの線引きは異なります。まずは社内の雰囲気をざっと見渡し、上司や同僚がどんな服装をしているかを観察してコーディネートの参考にしましょう。

所属部署内の状況にも従う必要があります。社内での勤務がメインの部署であっても、来客に対応することがある場合は、ビジネスカジュアルが妥当ということになります。

社内や部署内の自分の立ち位置にも配慮したいところです。周囲にどのように見られているか、どんなイメージを持たれているかをふまえて、ギャップを感じさせない服装を選ぶようにしてください。

ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルで活躍するジャケットを種類豊富に販売中!
メンズジャケット 商品一覧を見る >

オフィスカジュアル・ビジネスカジュアルのアイテムならP.S.FA

自分らしいオフィスカジュアル、ビジネスカジュアルを

P.S.FAには、オフィスカジュアル、ビジネスカジュアルのどちらにも対応可能な幅広いアイテムをラインナップしています。ぜひ社風や部署内の雰囲気、習慣にふさわしく、また自分らしい装いにお役立てください。

もっと知りたい!続けて読む

ビジカジの先駆者になろう。「ジャケパンスタイル」でカッコ良く決める! 普段着のようにラフすぎない、ジャケパンスタイルの魅力をご紹介します!

コラム一覧

RELATED NEWS 関連お知らせ

お知らせ一覧へ

スーツ・ビジネススーツ・紳士服のP.S.FA【公式通販】トップ