2021.04.26

女性用スーツのボタン数と留め方のマナー

女性用スーツのボタン
女性用スーツのボタン数と留め方のマナー

スーツの印象は、色や柄、シルエットだけでなく、ボタンなどのディティールによっても異なります。

こちらの記事では、女性用スーツのボタンに注目し、ボタンの数による印象の違いや、ボタンの留め方に関するマナーをご紹介していきます。

ボタンの数で変わる女性のジャケットの印象

女性用スーツのジャケットのボタンは、1個から3個が一般的です。

ボタンの数によって相手に与える印象が異なるため、着用するシチュエーションに合わせてボタンの数を選択するとよいでしょう。

まずは、女性用スーツのボタン数による印象の違いを確認していきましょう。

カジュアルな印象の1つボタン

カジュアルな印象の1つボタン

1つボタンのジャケットは、ウエストラインを強調し、女性らしさを引き立てるデザインのものが多いようです。

どちらかというとカジュアルな印象があり、スタイリッシュに着こなすことができます。さまざまなスタイルのものが出回っており、幅広い業種や職種に対応可能ですが、デザイン・ディテールによってはマナー違反となることもあるので注意したいところです。

たとえば、面接用のスーツとしてはカジュアルだと捉えられる可能性もあるため、2つボタン以上のスーツが無難だと言えるでしょう。

定番の2つボタン

定番の2つボタン

男性用スーツと同様、女性用スーツにおいても2つボタンが主流とされています。

胸元が開きすぎないためシーンを選ばず、きちんとした印象に見せることができます。そのため、面接やビジネスシーンなどでも安心して着用することができるでしょう。

注意点としては、サイズが小さすぎる場合、胸元などにシワが入りやすいということ。購入する際は、必ず試着していろんな動きに対応できるか確認するとよいでしょう。

堅実な印象の3つボタン

よりクラシカルな印象なのが3つボタンのスーツです。

Vゾーンが狭くなる傾向があるため、堅実な印象で着こなせるというメリットがあります。そのため、公務員や銀行にお勤めの方などにおすすめです。

P.S.FAでは、女性用のジャケットを種類豊富に取り揃えています。
レディースジャケット一覧を見る >

女性用スーツのボタンのマナー

女性用スーツでは、ボタンの数だけでなく留め方にも注意が必要です。

男性用スーツでは、一番下のボタンを外す「アンボタンマナー」がありますが、女性はこの限りではありません。

女性用スーツはすべてのボタンを留めることを想定したシルエットとなっているため、ボタンを留めずに着用すると、だらしない印象に見えてしまうことがあります。

女性用スーツの着用時は、ボタンの数に関わらずすべてのボタンを留めるようにしましょう。

ボタンに注目してシーンに合わせた着こなしを

今回は、女性用スーツにおけるボタンの数や留め方のマナーをご紹介しました。

女性用スーツはボタンの数によって印象が異なり、男性とは異なる留め方のマナーがあります。

今回ご紹介した情報も参考に、シーンに合わせたスーツの着こなしを意識してみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい!続けて読む

グレーのレディーススーツの印象や着こなしのポイント グレーのレディーススーツに焦点を当て、グレースーツの印象や着こなしのポイントをご紹介します

コラム一覧へ

オンラインストアの特長