2021.05.25

オフィスカジュアルのルールとNG例をご紹介!【男性編】

男性のオフィスカジュアル
オフィスカジュアルのルールとNG例をご紹介!【男性編】

ビジネスシーンでの男性の装いと言えばスーツが一般的ですが、最近はオフィスカジュアルを取り入れる企業やオフィスも少なくありません。

着こなしの幅を広がるオフィスカジュアルですが、どこまでがOKでどこからがNGなのかを判断するのが難しいですよね。

今回は、オフィスカジュアルのNG例をご紹介しながら、オフィスカジュアルを着こなすポイントについてご紹介します。

押さえておくべきオフィスカジュアルのルール

押さえておくべきオフィスカジュアルのルール

そもそもオフィスカジュアルとは、通勤やオフィスでデスクワークするのに適していて、最低限の礼儀をふまえたカジュアルな服装を指します。

まずは、男性のオフィスカジュアルで押えておくべきルールを確認していきましょう。

清潔感のある装いを

オフィスカジュアルと言えど、ビジネスシーンの装い。来客対応なども考えられるため、清潔感のある爽やかな装いが求められます。

シワや汚れが付いた服はもちろん、後述するようなカジュアルすぎるアイテムは避けましょう。また、素材感やシルエット、デザインなども、個性的なものではなく定番のアイテムをチョイスするのが無難です。

職場の雰囲気に合わせることが大切

明確な定義がないオフィスカジュアルは、企業によってOK・NGの線引きがさまざまです。

たとえば、クリエイティブ系やIT系の企業では、ジーンズやスニーカーが許容されているケースもあります。

大切なのは、先輩社員や同僚の着こなしを参考にしつつ、職場の雰囲気にあったコーディネートを心掛けることです。

オフィスカジュアルNG例

オフィスカジュアルには、明確な定義がなく、OK/NGの線引きが曖昧。企業やオフィスの雰囲気によって“ちょうどいい”スタイルを選びとる必要がありますが、一般に以下の事柄がNGとされる傾向があるようです。

汚れた服装、ヨレヨレの服装

ビジネスシーンでは清潔感が生命線。汚れた服装やヨレヨレの服装はご法度です。シャツにはアイロンがけを欠かさず、きちんとセンタープレスを入れておくことをおすすめします。使い込んでくたびれたシャツなどのアイテムも避けるのがベターです。

派手な色使い

派手な色使いもビジネスシーンでは敬遠されます。ベーシックカラーを中心に控えめな装いを心がけましょう。ただし、冠婚葬祭のイメージが強い全身黒もNGです。

襟のない服

トップスは襟がついたものを選びましょう。Tシャツなど、襟のない服装だとカジュアルな印象になりすぎる恐れがあるからです。夏でもシャツやポロシャツを着用するように心がけてください。

カジュアルすぎるアイテム

ジーンズやスニーカーのようなカジュアルすぎるアイテムもNGです。ただし、企業やオフィスによってはOKとされるケースもあるので、先輩社員の装いを参考するのがよさそうです。

短パン

肌の露出が多い服装も避けたいところ。とくに足を出すとだらしない印象に見えがちです。短パンやサンダルは避けましょう。

スーツにカジュアルアイテムを合わせる

スーツのジャケットにチノパンを合わせるという具合に、スーツにカジュアルアイテムを合わせるスタイルもおすすめできません。微妙な素材感の違いが、ちぐはぐな印象を与えてしまう恐れがあるからです。ジャケットにチノパンを合わせる場合は、ニット素材のジャケットなど、カジュアルな質感のあるものを合わせるのが適切です。

メンズオフィスカジュアルの定番アイテム

メンズオフィスカジュアルの定番アイテム

次は、男性のオフィスカジュアルコーデで活躍してくれる定番のアイテムをご紹介します。

定番はやはりジャケット

オフィスカジュアルの定番アウターのひとつが、テーラードジャケット。

ニット素材のジャケットなど、スーツよりもややカジュアルなジャケットであれば、適度なキッチリ感を保ちつつ、リラックスした印象を与えることができるでしょう。

トップスは襟付きが無難

オフィスカジュアルのトップスは、襟付きのものが無難。

ボタンダウンシャツやポロシャツなど、スーツで着るシャツよりもややカジュアルで問題ありません。

ジャケットを羽織るのであれば、襟無しのTシャツやカットソーもオススメです。ただし、無地のものを選ぶようにしましょう。

ボトムスはチノパンやスラックスが人気

オフィスカジュアルのボトムスは、チノパンやスラックスが人気です。

遊び心を出したいのであれば、くるぶし丈をチョイスするのもおすすめです。

また、企業によってはデニムパンツがOKな場合も。ただし、ダメージジーンズなどデザインが施されたものは避けるのが無難です。

シューズはカジュアル過ぎないものをチョイス

シューズはスーツと同様に革靴が定番ですが、ローファーやスウェードシューズなどのややカジュアルなものでもよいでしょう。

また、企業によってはスニーカーが許容される場合もあります。派手なデザインは避け、シンプルなデザインをチョイスするようにしましょう。

ビジネスでもカジュアルでも着こなせるP.S.FAのWEB限定スーツ!
WEB限定スーツ特集ページを見る >

オフィスカジュアルを着こなして自分らしいビジネススタイルに

今回は、男性のオフィスカジュアルの基本的なマナーやNG例、オススメのアイテムをご紹介しました。

今回ご紹介した情報も参考に、オフィスカジュアルの着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい!続けて読む

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違いとは? オフィスカジュアルとビジネスカジュアルはどのような装いで、どのように使い分けるべきかをご紹介します。

コラム一覧へ

オンラインストアの特長