P.S.FA COOLBIZ(クールビズ)特集

多くの企業で定着しつつあるクールビズですが、言葉として知っていても詳しく知らないという方、適したシャツやスーツが分からずに悩んでいる方も多いのでは?
今回は、クールビズの基礎知識や、おすすめの商品をご紹介します。

そもそも「クールビズ」ってなに?


クールビズとは、夏の冷房時の室温を28℃に設定することを推奨し、その温度で快適に過ごせる服装を促す取り組みのことです。
地球温暖化対策のために、環境省が企業や自治体などと連携して進めている国民運動「COOL CHOICE」の一環として、平成17年度から実施されてきました。
温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」の目標達成のために始められたという経緯もあります。

「クールビズ」は、夏を快適に過ごすためのライフスタイル

クールビズは、温暖化対策の一環として始まった取り組みですが、開始から10年以上たち、暑さの厳しい夏を快適に過ごすためのライフスタイルとして定着してきています。

「クールビズ」というネーミングは、環境省の一般公募で選ばれました。
「涼しい」や「カッコいい」という意味の「クール」とビジネスの短縮形「ビズ」を組み合わせた言葉です。

基本的な実施期間は環境省が定めており、過去2年間(平成28、29年度)は5月1日~9月30日の5ヵ月間です。
年によってはCO2削減や節電のために期間が延長されたり、比較的涼しい地域では短く設定されていたりと、社会情勢や地域で変動があります。

クールビズスタイルで守っておきたい着こなしのマナー

クールビズ中の着こなしで気をつけたいのは、相手を不快にさせないことです。
いくら会社がクールビズを推奨していても、露出度の高い服装やデニムやポロシャツなど、ビジネス向きでない装いは避けるようにしましょう。
だらしないスタイルに見えてしまいます。

また、目上の相手や初めて会う取引先などに会うときは、ジャケットを着る正装のスーツスタイルが好ましい場合が多いです。
場違いなスタイルにならないよう、ジャケットの有無は立場や状況によって判断するのがよいでしょう。

シャツはクールビズスタイルの要!


ノージャケット・ノーネクタイが基本のクールビズスタイルでは、シャツにはいつも以上に気を配るようにしましょう。
シャツを選ぶときに気をつけたいポイントとして、4つご紹介します。

一番大切なのは、体にフィットしたサイズを選ぶことです。
サイズが体に合っていないと、上半身のシルエットがだらしなく見えてしまいます。
首周りや肩幅、身幅など、自分の体のサイズを確認したうえでシャツを選ぶとよいでしょう。

夏らしい色を選ぶことも大切です。
サックスブルー(淡い青)をはじめとした清涼感のある青系のカラーがおすすめです。
季節感のある爽やかなイメージを作れることでしょう。

また、半袖か長袖かで迷う方がいるかもしれませんが、長袖がよいでしょう。
フォーマルな場ではジャケットを羽織ることがあり、半袖のシャツではジャケットにダメージを与えてしまうことがあります。
半袖だと裾口が開いてしまう場合が多く、引き締まった印象が出ないということも長袖をおすすめする理由です。

このほか、ノーネクタイでも襟がきれいに見えるボタンダウンシャツは、使い勝手のよいアイテムであり、シャツを選ぶときの選択肢に入るでしょう。
ただし、フォーマルな場面ではカジュアルに見えてしまうことがあるので、TPOに応じて使い分けていきましょう。

楽チンなのにスマート! クールビズにおすすめの「i-Shirt」

ケアや着こなしなど、普段以上に気を遣うクールビズ。そんなクールビズのシャツ選びに悩んでいる方へご紹介したいのが「i-Shirt」です。伸縮性のあるストレッチ素材のため動きやすく、体にフィットするのでスマートな印象にしてくれます。

優れた通気性で肌に貼りつかず、汗などのイヤな臭いをブロックしてくれる機能もあり、暑い夏の不快感を減らしてくれます。また、白、薄い青やピンクなど、夏らしい清涼感のあるカラーが揃っているのもポイントです。さらに、防シワ加工によってアイロンがけが不要なので、毎日のケアが楽チン。洗って干すだけで、清潔感のある仕上がりにすることができます。

油断は禁物! クールビズでもスーツの準備はしておこう


基本的にノージャケットのクールビズですが、取引先や目上の方に会うときなど、TPOによってはジャケットが必要になるシーンも。
そこで、ここからは、クールビズ中におすすめしたいスーツをピックアップしました。
ぜひ、スーツ選びの参考にしてみてください。

ストレスフリー! 「重くて暑い」を払拭する「超軽量スーツ」

「暑さの厳しい夏には、ジャケットはどうしても重くて暑い!」というイメージがある方もいるでしょう。
しかし、「超軽量スーツ」は、抜群の軽さと通気性の高さが特徴です。
身軽なだけでなく体温の上昇を抑えてくれるので、夏でも快適な着心地を叶えてくれるでしょう。

なかでも、「アーバンモデル 超軽量2釦スーツ ネービー」は、どんな場面でも使いやすいネービーカラーに、ウィンドウペンチェックの柄がプラスされて、おしゃれ度もアップ!
涼しげなのに、重厚感のあるスタイルにしてくれます。

スペアパンツで清潔に! 汗をかきやすい夏は「ツーパンツ」がおすすめ

パンツはジャケットと比べ傷みやすいものです。汗をかきやすい夏にはスペアがあると便利であり、交替で履き回せば長持ちします。

「アーバンモデル 超軽量ツーパンツ2釦スーツ」は、スペアパンツ付きの超軽量素材スーツです。パンツは家庭用洗濯機で水洗いできて便利です。また、熱や湿度を逃がしてくれる設計なので、暑さから来るストレスも大幅に減らせそうです。

お手入れ簡単! 自宅でも洗える「ウォッシャブルスーツ」

夏は、汗などの汚れや臭いが特に気になる季節ですが、「クリーニングに出すのは面倒……」という方にご紹介したいのが「ウォッシャブルスーツ」です。
パンツだけでなくジャケットも家庭用洗濯機で洗うことができるので、夏でも清潔に保てるうえ、経済的です。

「クラシコモデル ツーパンツ2釦スーツ パンツウォッシャブル ブラック」なら、スペアパンツもついており、上下とも水洗いできるので快適!
どんなシーンでも万能なブラックは、品格あるスタイルに仕上げてくれます。

過ごしやすさとマナーを意識して素敵なクールビズを!

クールビズは、単にネクタイやジャケットをなくせばよいというわけではありません。
夏用のアイテムとそうでないものでは着心地や体感温度が違うため、快適に過ごすためには、ご紹介したような夏向けのシャツやスーツを準備することをおすすめします。
過ごしやすい服装で冷房の使用を控えるというクールビズ本来の目的を忘れないようにしつつ、快適なスタイルを作っていきましょう。

メンズスーツ

超軽量スーツ

軽い、涼しい、美しい、スタイリッシュ――「春夏のジャケット着用は重くて、暑い」という多くの人が抱くイメージを「超軽量スーツ」が塗り替えます。軽量化と美しいシルエットを両立した2017年夏のマストアイテムに注目!

P.S.FAの軽量スーツの特徴
  • 暑い季節にピッタリの高い通気性
  • 動きやすさ&気安さを追求した超軽量
  • 若いビジネスマンに支持されるデザイン性
超軽量スーツアイテム一覧はこちら

ツーパンツ

スーツは「ジャケットよりもパンツのほうが傷みやすい」と言われています。そのため、スペアのパンツがあるとスーツを長持ちさせることができるもの。特に、夏は汗をかきやすいので、パンツを替えられると快適に!

P.S.FAのツーパンツの特徴
  • 消耗しやすいスラックスが2本で長持ち
  • 1本を洗濯して交互にはくことでいつも清潔
  • パンツは折り目加工を施し、美しいシルエット
ツーパンツアイテム一覧はこちら

パンツウォッシャブルスーツ

長時間着用するスーツは汚れだけでなく臭いもついているものです。とはいえ、毎回クリーニングに出すのはお金も手間もかかりますよね…。その点、パンツウォッシャブルスーツは家庭で簡単に洗濯できちゃうんです!

P.S.FAのパンツウォッシャブルスーツの特徴
  • 家庭で洗濯が可能なパンツ
  • 背抜き仕立てのジャケットで涼やかな着心地
  • パンツは折り目加工を施し、美しいシルエット
パンツウォッシャブルスーツのアイテム一覧はこちら

メンズシャツ

i-shirt

アイシャツ

「洗ったらアイロン掛け」その常識を、アイシャツが変えました。
完全ノーアイロンと言える、差高水準をクリアした唯一のワイシャツ。

※2017年4月現在
※耐選択制で形態安定性(W&W性)の最高水準の5級をクリアした記事を使用しています。検査結果は、判定用生地
 を用い日本工業規格(JOS L 0217 103法タンブル)に基づいて試験し、1~5級に等級づけしたもの。形態安定性
 5級-1回洗濯、4.8級-5回洗濯

圧倒的人気No.1 アイシャツのアイテム一覧はこちら
メンズ雑貨・アクセサリー
レディースアイテム