2パンツスーツ

スーツはビジネスパーソンが毎日のように身にまとうアイテムです。それだけに、スーツの着こなしは自分の第一印象を左右する非常に重要なポイントとなります。
さまざまなシーンに合わせてその場にふさわしい着こなしをすることが大切であり、そのためには特に生地が傷みやすくなるパンツを複数持っておくのが基本です。

パンツを複数そろえた方が良い人はどんな人?


では、パンツを複数持っていた方が良いのはどういった人なのでしょうか?

座っている時間が長い人

スーツの見栄えが悪くなってしまう原因のひとつに、「シワ」があります。シワがつきやすい傾向として、デスクワークをしている人や、電車・車での通勤や移動をしている人など、座ったままの体勢でいることが多い人が挙げられます。どうしても座る機会が多くなってしまうという人は、パンツを複数準備しておいた方がいいでしょう。

持っているスーツがピタッとしたデザインのみの人

体にピタッとフィットするデザインのスーツは、スマートかつおしゃれな印象を与えられる一方、ゆったりとしたデザインの幅広のスーツよりも、シワがつきやすくなります。シワがつきにくいデザインのパンツも用意して、ピタッとしたスーツに着用後の休息期間を作りましょう。

フレッシャーズ

入社して間もないフレッシャーズの方も、パンツを複数準備しておいた方が良いでしょう。社会人として新たな人間関係を作る大切な時期に、汗や汚れなどでくたびれた印象を与えるスーツを着用していると、イメージダウンに繋がってしまいます。キャリアを重ねていくうちに、仕事内容や環境にも変化が出てきます。そういった変化にスーツの着こなしも対応していけるようになれば、イメージアップも狙えるでしょう。

就活生

第一印象に特に気を遣うべきなのが、就職活動生です。「面接はほぼ第一印象で決まる」と言われおり、選考していただく相手は初対面の人ばかりなので、見た目の印象が非常に重要になってきます。そのため、短い時間で自分をアピールする必要がある面接に臨む際には、普段より数倍身だしなみに気を配る人がほとんどでしょう。
しかし就活中は数か月続き、その間毎日のようにリクルートスーツを着なくてはなりません。移動が多く、シワもつきやすくなります。複数枚のパンツを準備しておき、社会人にふさわしい身だしなみを心がけることで、第一印象で清潔感や信頼感をアピールすることができます。


パンツを買い替えるサインとは?

普段からきちんとお手入れをしていても、パンツには必ず寿命がやってきます。しかし、同じパンツでも生活スタイルや着用のペースによって寿命は変わってくるため、「買ってこのぐらい経ったら買い替えるべき」と一概に言うことはできません。買い替えのタイミングは、パンツから発せられているサインを見ることが大切です。

まず、買い替え時期のひとつの目安として挙げられるのが、「生地のテカリ」です。
傷みのサインをとらえるために、モモのあたりの生地を見てみましょう。この辺りがテカテカしているように見えたら、生地が全体的に傷んできたサインです。こうなるとシルエットの崩れによりくたびれて見えてしまうため、買い替えを検討してください。
また、雨や汗といった湿気にも気を付けましょう。湿気は汚れや皮脂と混じり合い、生地にダメージを与えます。特に、裏地を減らして通気性を良くした軽量タイプのパンツは、摩擦でヨレてしまいがちです。

クリーニングに出せば、これらの汚れを取り除いてシルエットをキレイに見せることができますが、一方で回数を重ねると生地が傷む一因にもなるという危険性もあります。シワがヨレが戻らなくなってきたら、生地の復元力がなくなってきたサインなので、買い替えの時期だと判断するといいでしょう。一緒に買ったジャケットとパンツでも、傷みの進行具合が異なることはよくありますが、どちらか片方でも傷みのサインが出ていたら寿命だと考え、思い切って処分しましょう。





通常


軽量


インポート